なにかが見えてくる
おじさんの一言付き ことわざ
(メルマガ掲載分)



Repentance comes too late.
(後悔の気持ちが表れるのは遅すぎる)
「後悔先に立たず」

<その他の類似表現>
Late repentance is seldom worth much. 
Regret will not mend matters. 
When you repent, it is too late. 
No weeping for shed milk. 

<おじさんの一言>
後悔とはその字の示すとおり、後になって悔やむことで、いつも手遅れになる
宿命である。後で悔やんでもどうすることもできないのだから、そうならない
ように慎重な言動を心がけたい。感情に任せた軽はずみな言動は避けたいもの
だ。後悔が先に立てばいいのだが、そうならないのが後悔なのだ。せめてその
後悔を今後につなげよう。後悔を良い教訓として、これから先同じことを繰り
返さないようにすればいい。


Right is right, even if everyone is against it; and wrong is wrong, 
even if everyone is for it.
-- William Penn

皆が反対しても、正しいことは正しい。皆が賛成しても、間違っていることは
間違っている。

<おじさんの一言>
周りの者が何と言おうと、自分の意見をしっかり持つことは大切だ。周りに流
されず自分をしっかり持とう。自分をしっかり持っていれば、周りが何と言お
うと揺れることはない。世論というのは社会の一人ひとりの意見が集まったも
のというより、声の大きな人が世論を作るというように、ほんの一部の大きな
声の人の意見にその他大勢(おおぜい)が深い考えもなしに、流されるように
追随したものにすぎないことが多い。それなら、世論を世論と呼ぶ理由もなく、
それを正しいとする根拠もない。だから、自分の意見に自信を持ってしっかり
と主張すべきである。大勢(たいせい)が何と言おうと、誰が何と言おうと、
自分が正しいと思うことは正しいと、間違っていると思うことは間違っている
と、はっきり、しっかり主張しよう。その意見が世論を覆し、世界をリードす
ることになるかもしれない。自分の考えるところをしっかりと主張しておれば、
たとえそれが少数派であろうと、分かっている人は分かっている。人を超えた
存在も天からしっかりと見ている。正しいことは正しいと、間違っていること
は間違っていると、必ず天命が下る。それを忘れないでほしい。