なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 31 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ --------------------------------------- 2010/10/05 ☆ --

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

He sets the wolf to guard the sheep.
(狼に羊の番をさせる)
「盗人(ぬすびと)に鍵を預ける / 盗人に蔵の番 / 猫に鰹の番」

<その他の類似表現>
Never trust a wolf with the care of lambs.

<おじさんの一言>
確実に危険だと分かっていて、あえて危険を冒すことはない。確実に命取りに
なることが分かっていて、あえて命を投げ出すことはない。そんな愚かなこと
をしてはいけない。そのような行為をたしなめているものだが、英語では狼と
羊を使って表現しているのに対し、日本語では盗人と鍵や蔵、猫と鰹を使って
表現している。ことばというのは文化に根差しているということがよく分かる。

**************
**  名 言  **
**************

Happiness comes of the capacity to feel deeply, to enjoy simply, to 
think freely, to risk life, to be needed.
-- Storm Jameson

幸福というのは物事を深く感じることができ、物事を単純に楽しむことができ、
何事においても自由な思考ができ、更には、果敢に人生を送ることができ、人
から社会から必要とさている、というところから生まれるものだ。

<おじさんの一言>
自分が幸せだと思えるかどうかというのは、自分自身の気持ちの持ち様、気持
ちの持っていき方であり、自分を幸せだと感じる状態に持っていくことができ
る資質である。何を見ても、何を聞いても、何を体験しても、無関心、無感動
で、何も感じず、楽しんで何かをするということがなく、人の考えに追随する
だけで、自分で自由にものを考えるということもない。それに、自分の人生を
かけてまで思い切った人生を送ろうなどとも思わず、人から社会から必要とさ
れるという経験もすることはない。だから、別段幸福感など覚えることなく、
毎日をなんとなく過ごすことになる。そういった若い人たちが、悲しいことに
増えているように思う。しかし、幸福感とは自分で作り出すことのできるもの
だ。自分で作り出すものなのだ。すべて自分次第なのだ。日頃から何事に対し
ても深く感じる感性を持ち、いろんなことを単純に楽しみ、自由にものを考え、
果敢に人生を送り、社会から必要とされる、そういった人間になれるよう努力
しよう。そうすれば、自然と幸せだと思える人生を送ることができるだろう。

----------------------------------------------------------------------
おじさんことMat発行の他のメルマガ「心に響く話」「おじさんの戯言」も
よろしくお願いします。
ご購読はこちらから → http://www.geocities.jp/tnkmatm/kodoku.html
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5007/
======================================================================


戻る