なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ =============================================== ☆ No. 61 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ ---------------------------------------- 2011/05/17 ☆ --

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

Jack of all trades, (and) master of none.
(何でもできる者は何にも精通しない)
「多芸は無芸 / 何でも来いに名人なし」

<その他の類似表現>
Jack of all trades is master of none. 
He who does all never does well. 

<おじさんの一言>
何でもある程度できる人はよくいる。しかし、何でもすごくできる人はそうは
いない。一つのことを極めるには、それに全精力を注ぎ込まねばならず、他の
ことにまで目を向けることができないからであろうか。しかし、何でもすごく
できる人がいるのも事実である。けれども、おじさんのような凡人にはそのよ
うな芸当など到底できず、広く浅くある程度できるようになるのが関の山であ
る。しかし、その広く浅くある程度というのも大事なのも事実である。視野を
広く持って、多くのことに関心を示し、いろんなことに取り組むことによって、
たとえ一芸に秀でなくても、一芸を極めなくても、人間としての視野、人間と
しての幅を広げることができる。多芸は無芸とは言うものの、これは多芸であ
ればこそできる芸当だとおじさんは思う。

**************
**  名 言  **
**************

Often God has to shut a door in our face so that He can subsequently 
open the door through which He wants us to go.
-- Catherine Marshall

神はよく我々の目の前で扉を閉ざしてしまわれる。それはその後で我々を進む
べきところへと導く扉をお開けくださるためである。

<おじさんの一言>
神は我々を正しい方向へと導いてくださる。そのため、誤った方向へ進もうと
するとき、その扉を閉ざされるのだ。そして、正しい方向へ導く扉を大きく開
いてくださるのだ。God とはキリスト教の神であるが、別にキリスト教の神に
限る必要はない。宗教いかんにかかわらず、さらには宗教というものを信じる
信じないにかかわらず、人間の力を超えた存在としての、漠然とした存在とし
ての、いわゆる神様と考えればいい。そういう存在なら誰の心の中にもあるは
ずだ。進もうとするとき、目の前の扉が閉ざされれば、それは神様が注意信号
を出してくださっていると考えよう。その扉を力づくで無理やり開けるような
ことは控え、神様が新たな扉を開けてくださるのを待とう。そうすれば必ず正
しい方向に歩んでいけると信じて...

----------------------------------------------------------------------
当ホームページで「心に響く話」「おじさんの戯言」「新米リーダー奮闘記」
などもご覧いただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
Ads by Ojisan: http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/ad/adframe.html
======================================================================


戻る