なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 105 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ ---------------------------------------- 2012/04/03 ☆ --

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

Judge not a book by its cover.
(本は表紙で判断するな)
「人は見かけによらぬもの」

<その他の類似表現>
Appearances are deceptive [deceiving / deceitful]. 
Appearance oft [often] deceives. 
Do not judge of a tree by its bark nor of a man by his exterior. 
Do not always judge by appearances. 
Never judge by appearnaces. 
There is no trusting in appearances. 
Men are not always what they seem to be. 
A man cannot be judged by his exterior. 
A black plum may taste as sweet as white. 
The devil is not so black as he is painted. 

<おじさんの一言>
何事も外見だけでは判断できない。外見より中身をしっかりと見ないといけな
い。そして、適切な判断を下すことになる。しかし、中身と外見は全くの別物
ではなく、中身が外見に表れることもまた事実である。商品であれば、中身と
は切り離して、外見を魅力的に飾りたて、客を騙すこともできるだろう。しか
し、人の場合はそうは行かない。中身とは別に、外見だけをいくら繕っても、
飾りたてても、人を騙すことはできない。中身をいくら隠そうと、自然と外に
表れてくるものだ。中身が空っぽであれば、空虚な顔になり、心が歪んでおれ
ば、表情も歪んでくる。おじさんはこの事を心に刻み、外見を飾るより、中身
をしっかりと作り上げていこうと、今更ながら思うのである。

**************
**  名 言  **
**************

Peace -- that was the other name for home.
-- Kathleen Norris

平和 -- それは家庭のもう一つの呼び名であった。

<おじさんの一言>
"Peace -- that is the other name for home." と言いたいところだが、
"Peace -- that was the other name for home." と言っているのはどうして
だろうか。おじさんの勝手な解釈だが、"home=peace" という図式はもう過去
のものになってしまったということだろうか。実際、家庭内の不和、虐待、暴
力、等々、悲しいことに、家庭はもはや心が安まる場所ではなくなってしまっ
た。しかし、それはごく一部の家庭の話であって、大半の家庭は、まだまだ心
安まる場所だとおじさんは信じたい。ただ、おじさんの場合、それを裏付ける
確固とした根拠など持ち合わせていない。ただそう信じたいのである。統計的
数字の裏付けなしの推測的願望はおじさんの特徴である。確かに、虐待、暴力
などが蔓延する家庭はまだまだごく一部に限定されるであろうが、しかし、程
度の差はあれ、家庭内不和というのは多くの家庭に蔓延しているように思う。
これもまた統計的数字の裏付けのない推測にすぎないが... 

----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
======================================================================


戻る