なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 112 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ ---------------------------------------- 2012/05/29 ☆ --

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

Seeing is believing.
(見ることは信じることだ)
「百聞は一見に如(し)かず / 論より証拠」

<その他の類似表現>
To see is to believe. 
Knowing is seeing. 
Seeing is better than hearing. 
An eye finds more truth than two ears. 
A [One] picture is worth a thousand words. 
One eyewitness is better than ten hearsays. 
Example is better than precept. 
Practice is better than precept. 
Examples teach more than precepts. 
A good example is the best sermon. 
The effect speaks, the tongue needs not. 
The proof of the pudding is in the eating. 

<おじさんの一言>
自分の目で見るのが一番だ。人からいくら説明を受けても、いくら本を読んで
みても、なかなか理解できなかったことが、自分の目で一度見ただけで容易に
理解できたという経験のある人も多いと思う。自分の目が一番信用できる。身
をもって体験したことが一番身につく。そういうものだ。人の言葉や本の文字
にあまり頼りすぎず、自分自身の目を大切にしてほしい。自分自身の体験を大
切にしてほしい。実際に自分の目で見たこと、身をもって体験したことに基づ
いて、自分の考えを築き上げ、さらにそれに基づいて行動してほしい。人の目、
人の体験によって作られた考えで行動しても、それは自分のものではない。そ
んなものは人のものにすぎないではないか。

**************
**  名 言  **
**************

Be not afraid of growing slowly, be afraid only of standing still.
-- Chinese Proverb

ゆっくり成長することを恐れることはない。恐れるべきは、ただその場にじっ
としていることである。

<おじさんの一言>
人それぞれ速く成長する人もいれば、時間をかけてゆっくりじっくり成長して
いく人もいる。大事なのは成長の速度ではなく、成長そのものなのだ。大切な
のは前に進むことなのだ。それが速かろうと遅かろうと大した問題ではない。
要は、とにかく前に向かって動いているということなのだ。たとえゆっくりと
した速度でも、とにかく前に向かって動いておれば、それは立派な成長である。
全く動かず、ただその場でじっとしているだけでは、たとえ後退していなくて
も、何の成長もない。前に進んでこそ成長と言える。容易には前に進めない逆
境にあっても、後ろを見ず、少しでも前を見ていよう。前を見るという気持ち
を持つだけで、前に進んでいることになり、いつか実際に大きく前に進める日
が来ると、おじさんは信じている。後ろばかりを見て前を見ず、ただその場に
じっと留まることだけは避けたいものだ。

----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
======================================================================


戻る