なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 276 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ ---------------------------------------- 2015/12/02 ☆ --

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

He who touches pitch will be defiled.
(ピッチに触れれば汚れる)
「朱に交われば赤くなる / 人は善悪の友による / 善悪は友による /
 水は方円の器に従う / 水は入れ物に従う / 
 丹(たん)の蔵(ぞう)する所の者は赤し /
 善人と居(お)るは芝蘭(しらん)の室(しつ)に入(い)るが如(ごと)し /
 不善人と居(お)るは鮑魚(ほうぎょ)の肆(し)に入(い)るが如(ごと)し」

<その他の類似表現>
He who touches pitch shall be defiled (therewith). 
You can't [cannot] touch pitch without being defiled. 
Who keeps company with the wolf will learn to howl. 
A man is known by his company. 
Tell me the company you keep, and I'll tell you what you are. 
Evil communications corrupt good manners. 

<おじさんの一言>
人にとって自分のおかれた環境がどれほど大事なものか。人は環境の動物だと
言っても過言ではないだろう。中には、周りの環境に左右されず、自分をしっ
かり持って生きている人もいるが、環境に左右された人生を送っている人も多
いと思う。自分の思い描く人生を送るためには、自分の意志を強くしっかり持
って、周りの環境に左右されないことと、自分の思い描くような人生を送れる
よう、周りの環境を変えること、この二つしかない。自分の強い意志で周囲の
影響をはねかえすことができれば一番いい。だけど、人というのは弱いもので、
環境の影響を受けやすい。いくら自分を強く持とうとしても、周りの環境につ
い負けてしまうということが往々にしてある。そこで、環境の整備というもの
が大事になってくる。自分の置かれた環境を自分で改善していくこと、そして、
誰もが自分の思い描く人生が送れるように、社会全体の環境を整備していくこ
とが求められる。社会の環境は社会に生きる我々一人ひとりが気をつけること
で、徐々に誰にとっても良い環境へと改善されていくはずだ。我々一人ひとり
の心がけが住みよい社会、思い描く人生を実現しやすい社会を作り上げること
ができるのだ。良い意味で、朱に交わって赤くなりたい社会を作り上げていき
たい。

**************
**  名 言  **
**************

One machine can do the work of fifty ordinary men. No machine can do 
the work of one extraordinary man.
-- Elbert Hubbard

一つの機械で普通の人50人分の仕事ができる。しかし、並外れた人一人分の
仕事ができる機械などない。

<おじさんの一言>
機械は便利だ。大量の仕事を短時間でこなすことができる。人間なら大勢寄っ
ても長時間かかる仕事を、一つの機械が短時間でこなしてくれる。それなら、
人間が大変な目をして働く必要はないと思うだろうが、そうではない。確かに
普通の仕事はこなせる。大量の仕事を効率よく短時間でこなすことができる。
しかし、それはあくまで普通の仕事、誰にでもできる普通の仕事の話である。
そういう仕事は大丈夫だが、並外れた才能を持った人が取り組む仕事となると
どうだろう。指示された事しかできない機械に創造的な仕事ができるだろうか。
いくら機械が進歩しても、やはり人間でないとできないことがある。人間の繊
細な仕事や創造的な仕事は機械にはできないだろうとは言うものの、今の技術
の進歩を見ていると、近い将来、高度な人工知能の開発により、繊細な仕事も
創造的な仕事も機械に横取りされてしまうかもしれない。だが、よく考えると、
技術開発をし、そういう状況を作り出すのはあくまで人間であるから、人間と
機械との関係を良好に保っておくことができるのも人間である。そういう人間
の良識を信じたい。SF映画のように、人間が機械に支配される世の中を招く
ことのないように。

----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
                http://www.geocities.jp/tnkmatm/
======================================================================


戻る