なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 297 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ ---------------------------------------- 2016/06/01 ☆ --

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

There is no royal road to learning.
(学問に王道はない)
「学問に王道[近道]なし」

<おじさんの一言>
言葉通り、学問に王道はない。地道に、真面目に、こつこつ努力するしかない。
努力せず身につく学問などない。要領よく、高速道路よろしく進む人もいるよ
うだが、そのような道をいくら速く進んでも、学問に到達することはない。高
速ゆえに途中で強風に煽(あお)られ、横転しそうになったり、高速ゆえに途中
で標識を見落として、とんでもない方向に向かうのが関の山だろう。本当に学
問を成就したいのなら、地道をゆっくりと、場合によっては所々で停車して、
その土地の風習に触れ、その土地の食べ物を食し、土地の人々と話をしたりし
ながら、ゆっくりと進んでいくのがいい。そのように、学問というのは、その
時は関係ないと思われる物事と接触を重ねながら身につけていくものだ。そう
すると、視野の狭い学問ではなく、視野の広い学問が身につき、頭でっかちの
人間ではなく、"mind" と "heart" のバランスの取れた、人間性豊かな人間に
なるだろう。

**************
**  名 言  **
**************

Somebody should tell us, right at the start of our lives, that we are 
dying. Then we might live life to the limit, every minute of every 
day. Do it! I say. Whatever you want to do, do it now! There are only 
so many tomorrows.
-- Michael Landon

生まれたその時に知らされるべきだ。我々は死に向かって生きていると。そう
すれば、毎日の瞬間瞬間を力の限り全力で生きるようになるかもしれない。私
は言う。やりなさい。何がやりたいのであれ、今やりなさい。我々にはほんの
限られた数の明日しかないのだから。

<おじさんの一言>
人生で確かなことはたった一つ。死ぬということだけだ。誰しも死ぬ。いつか
必ず死んでしまう。それをあまり意識せず、あるいは知らないふりをして生き
ている人も多いようだ。誰しも自分が死ぬとは思いたくない。そんなことは信
じたくないだろう。しかし、いつまでも生きられるものと思っていると、まだ
まだいくらでも明日があると思っていると、今日すべきことをただただ無為に
先延ばししてしまう。そして、そうこうしているうちに、結局何もできず死期
を迎えるということにもなりかねない。今日やるべきこと、あるいは今日やり
たいことは、今日やらないといけない。一日一日を大事にし、二度と来ない今
という時間を無駄にしないよう生きていきたい。今を大切にしたい。明日をあ
まり当てにして生きることは避けたい。明日がいつまでも存在するわけではな
いから。我々が迎えることのできる明日には限りがあり、その限りある明日を
当てにして生きるのはできれば避けたい。明日を当てにした生き方でなく、今
をもっと大切にした生き方をしていきたい。

----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
                http://www.geocities.jp/tnkmatm/
======================================================================


戻る