なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 329 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
= ☆☆☆☆☆ ======================================== 2017/02/01 ☆ ==

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  **
****************

After death, the doctor.
(死んでから医者)
「泥棒[盗人]を捕らえて[見て]縄(なわ)を綯(な)う」

<その他の類似表現>
After a fighting, the sticks are too late. 
After meat comes mustard. 
(It is too late) to lock [shut] the stable [barn] door after [when]   
  the horse [steed] is [has been] stolen. 
(It is too late) to lock [shut] the stable [barn] door after the      
  horse has bolted [escaped]. 
(It is too late) to dig a well when the house is on fire. 
(It is too late) to dig a well to put out a house on fire. 
(It is too late) to spare when all is spent. 

<おじさんの一言>
死んでから医者を呼んでも意味がない。医者を呼ぶなら死ぬ前だ。手遅れにな
る前に適切な手段を講じないと意味がない。肉を食べ終わってからマスタード
を出されても遅いし、馬が盗まれたり逃げたりしてから馬屋に鍵をかけても遅
いではないか。我々の人生においても、何か良くない兆しが見えたら、その時
点でできるだけ早く手を打とう。そうして完全に悪い方向に行ってしまう前に
修正することが求められる。悪い方向に行ってしまってから修正しようとして
も、もう取り返しがつかない。死んでから医者を呼んでも遅いのだ。

**************
**  名 言  **
**************

Most of the important things in the world have been accomplished by 
people who have kept on trying when there seemed to be no hope at all.
-- Dale Carnegie

世界で最も重要な事柄のほとんどは、全く望みがないように思えるときでも、
決して諦めずがんばり続けてきた人々によって成し遂げられたものだ。

<おじさんの一言>
勝ち目がないと、勝負をしない人がいる。成功の見込みがないと、最初から手
を出さない人がいる。もちろん、成功の見込みがあるに越したことはない。し
かし、見込みのあるときにがんばって成功したとしても、その成功は最初から
目に見えている。目に見える程度の成功である。しかし、成功する見込みなど
全く見えないときに、それにもかかわらず死にもの狂いでがんばり続けて、や
っとの思いで辿り着いた成功はどんなものだろう。おそらく、初めから見えて
いる程度の成功ではなく、想像を絶するような大きな成功となるのではないだ
ろうか。先が見えないときこそ、あきらめることなく、見えない先のさらに先
にある目標を目指して、懸命にがんばり続けたい。そして、他の誰も手にでき
ない、大きな大きな成功を手にしたいものだ。

======================================================================
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://tnkmatmt.webcrow.jp/
        バックナンバーはホームページでご覧いただけます。
======================================================================


戻る