なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ =============================================== ☆ No. 8 ===
     ☆☆                  << 心に響く話 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ --------------------------------------- 2010/08/10 ☆ --

最近はいやなニュースばかり耳に飛び込んできて、いやな世の中だという思い
にかられてしまいますが、そのような思いを拭い去るような、心に響くステキ
な話を集めてみました。これらの話の中に世の中の明るさを見出し、人の心の
温かさに触れてみてください。そして、何かを考えるきっかけにしていただけ
れば大変うれしく思います。

******************
**  心に響く話  ** (from Chicken Soup Newsletter)
******************
(ホームページ上ではオンライン辞書を引けるようにもなっています)

The Reluctant Den Leader
By Francoise Inman

Running late again, I rushed into the Cub Scouts parents' meeting.  
With windblown hair, as a result of my brief dash from the car to the 
church basement, I hurriedly took a seat, noting the surplus of empty 
chairs.  At least, I wasn't the only one running behind, I told 
myself with ample relief. 

The Cubmaster checked his watch, and with a barely audible sigh, 
started the meeting.  I continued to look around, stunned to count 
only five or six other parents present, despite the fact that our 
pack had at least fifty boys.  As the Cubmaster explained the 
challenges that the group faced in the coming year, he pointed out 
that the empty chairs, which should have been filled with parent 
volunteers, were our biggest obstacles. 

Several of the dens were lacking parent leaders and with the summer 
coming to a close, it became unlikely that someone would step in and 
commit an entire year of Tuesday nights to help guide a group of 
young boys through the requirements needed to earn their badges. 

As he spoke, I felt a rising sense of guilt mounting within me.  
After all, even I had tried to evade helping out with the Tiger Cubs 
the previous year.  Wasn't I looking forward to leaving my 
seven-year-old in the care of a competent adult while I ran errands?  
Wasn't I the one who conveniently "forgot" to bake a couple of cakes 
for the annual fund-raiser and found excuses not to man the yard sale 
table?  I quickly came to realize that the problem wasn't just about 
empty chairs; it was also about people like me who were unwilling to 
sacrifice some of their time to a worthy cause. 

Before I could change my mind, I raised my hand to volunteer as den 
leader to guide the Wolf den through its first formal year of 
scouting.  Although I knew next to nothing about teaching a group of 
noisy, exuberant and restless second-graders, I was determined to 
make it work. 

My first den meeting was as chaotic and noisy as the first day of a 
county fair.  The boys were too excited to sit still.  The craft I 
had chosen was too complicated and ran over the allotted time.  I 
spent a great deal of my time apologizing to the parents for my 
ineptitude as a den leader.  What have I gotten myself into? I 
wondered, composing a letter of resignation in my head. 

Much to my surprise, the boys actually enjoyed themselves.  They even 
invited their friends to join our den, and before long, our ranks 
swelled from four boys to ten.  My son was thrilled to have his mom 
as den leader; it gave him bragging rights on the playground.  I was 
having as much fun as the boys and had no idea that I'd be so popular.

As I walked through the school's parking lot, it was rare when one of 
"my" boys didn't call out a greeting or stop me for a quick hug and a 
story to share.  It almost became a contest among them to see who 
would spot me first.  They would talk with me about the little things 
going on in their lives - whether it was a loose tooth ready to 
wiggle its way out or a special event coming up.  They'd tell me 
about their homework and their latest Playstation victories.  They'd 
complain about little brothers, sisters and neighborhood bullies.  
I'd ruffle their hair, ask questions and listen to their answers 
before hugging them as they scampered back to their teachers or 
parents. 

As I watched them dash away with that curious half-run, half-skip 
gait that little boys are notorious for, I thought of the empty 
chairs at that meeting and those who would never know this joy.  I 
thought of those who wouldn't receive quick, warm hugs from little 
boys with peanut-butter breath, and those who would miss out on 
gap-toothed smiles and long-winded stories full of little joys and 
mini-tragedies.  After all, I gave those boys only one hour of my 
time every week, but they rewarded me with their hearts. 

<おじさんの一言>
カブスカウトの保護者会に遅れてきた筆者が目にしたのは、あまりにも多い空
席であり、つまりは、スカウト活動に対する保護者の関心の低さであった。隊
長は活動にとってそれが最大の障害だと指摘しているが、実際、リーダーのい
ないデンもいくつかある。隊長の話を聞きながら、筆者は罪の意識が湧き上が
ってくるのを感じる。自分も昨年デンリーダーを断っていたのだ。自分はただ
7歳の子供をボランティアの指導者に任せっぱなしにしているだけではなかっ
たのか。自分に都合よく協力を忘れたり、協力できない言い訳を探したりして
いただけではなかったのか。問題は単に会合で空席が多いということだけでは
なく、進んで時間を割いて協力しようという気持ちのない私のような保護者が
多いことが大きな問題なのだ。ということに気がつき、気持ちが変わらないう
ちに、筆者はデンリーダーに自分から進んで手を上げた。小学生低学年を相手
に指導することなど、ほとんど何もわからない筆者だが、がんばろうと心に決
めた。

筆者がデンリーダーを務めて初めての会合はめちゃくちゃだった。子供たちは
じっとしていないし、予定したクラフトも小学生には複雑すぎて時間がかかり
すぎ、予定した時間内に終わらなかった。保護者に謝りまわり、辞めさせても
らうことまで考えた。しかし、驚いたことに、失敗だと思っていた会合を、子
供たちは実は楽しんでいたようだ。子供たちは楽しいスカウト活動に友達を誘
い、子供たちの数が倍以上に膨れ上がった。筆者の息子は自分の母親がデン
リーダーであることを喜び、自慢し、筆者自身も子供たちと同様に楽しい時間
をすごしていた。それにどういうわけか、子供たちに好かれているようだった。
学校の駐車場を歩いていると、大きな声で挨拶してくれたり、抱きついてきて
くれたり、他愛もない色々なお話をしにきてくれたりするのだ。毎日誰が最初
に筆者を見つけるかがほとんど競争のようになっているようだった。筆者は子
供たちの髪をくしゃくしゃにするほど撫でてやり、いろいろたずねては、子供
たちの話に耳を傾け、抱きしめてやるのだった。そのあと子供たちが嬉々とし
て校舎に入っていく姿を見て、あの会合での空席を思い浮かべ、子供たちと接
することがこんなに楽しいことだと知ることのない人たちのことを考えるのだ
った。筆者は毎週わずか1時間だけ子供たちのために時間を割いているだけな
のに、子供は心のこもった精一杯の気持ちで応えてくれるのだ。それを経験で
きない人たちのことを、筆者は少し気の毒に思うのだった。

おじさんは筆者の気持ちが非常によくわかる。おじさんも微力ながらスカウト
活動に協力させてもらっている。経験豊かな指導者たちに交じって、恐れ多く
もビーバー隊の副長として参加させてもらっている。おじさんも筆者と同様、
保護者として自分の子供に付き添って活動を見ていて、何かお手伝いできるこ
とはないかと隊長に申し出た。ということで、現在月2〜3回日曜日に、副長
として微力ながらお手伝いさせてもらっている。もちろんボランティアだが、
筆者の言うように、子供たちの満面の笑顔が何よりの報酬である。そして、将
来この子供たちがどのような若者に成長してくれるか楽しみである。きっとお
じさんがいつもぼやいているような若者にはならないだろう。ちなみに、おじ
さんが関わっているスカウト活動については、「おじさんの戯言」でも言及し
ているので、一度ご覧いただきたい。と言いながら、少し気恥ずかしい思いが
するおじさんであった。

----------------------------------------------------------------------
おじさんことMat発行の他のメルマガ「英語の諺・名言」「おじさんの戯言」
もよろしくお願いします。
ご購読はこちらから → http://www.geocities.jp/tnkmatm/kodoku.html
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5007/
======================================================================


戻る