なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 10 ===
     ☆☆                  << 心に響く話 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ --------------------------------------- 2010/10/05 ☆ --

最近はいやなニュースばかり耳に飛び込んできて、いやな世の中だという思い
にかられてしまいますが、そのような思いを拭い去るような、心に響くステキ
な話を集めてみました。これらの話の中に世の中の明るさを見出し、人の心の
温かさに触れてみてください。そして、何かを考えるきっかけにしていただけ
れば大変うれしく思います。

******************
**  心に響く話  ** (from Chicken Soup Newsletter)
******************
(ホームページ上ではオンライン辞書を引けるようにもなっています)

Bedtime Fears
By Charlotte Lanham

When I was a little girl, say four or five years old, there were many 
things that frightened me: Snakes, bugs, big older boys and storms.  
I remember the dark, rainy nights when a thunderstorm would roll into 
town and wake me from a sleep, in my childhood room at the front end 
of the house. 

The rain would beat on my window as shadows played games on my 
bedroom walls.  Tree branches screeched against the outside of the 
house making strange noises.  I'd lay there, so afraid, nearly ready 
to cry.  Poking my little foot out from under the covers, I'd slide 
out of my warm bed and tiptoe quietly into the next room where my 
mother and daddy slept. 

And then, as I had done so many times before, I would crawl over the 
foot board at the bottom of the bed and make my way over the top of 
the covers between my mom and dad, looking for a secure place to lay 
my head between their two pillows. 

Dad would roll over and say, “Hey, little girl, what's going on?” 

“I'm afraid in my room.  It's storming.” 

Then without another word, the three of us would snuggle close 
together and go back to sleep.  Just my mom and my dad . . . and me. 

Morning would come, the sun shining.  A new day would begin. 

When I was a grown-up girl, not quite twenty years old, there were 
many things that still frightened me: School, jobs, big older boys 
and getting married.  I remember the days leading up to my wedding 
day.  Parties, planning and packing for the honeymoon.  Writing thank-
you notes.  Ironing my veil and cleaning out my closet for the last 
time.  Last-minute lists.  The rehearsal dinner. 

It was finally here - the night before my wedding day.  I went to bed,
 tired.  Very tired from all the weeks of preparation. 

I lay there, so afraid, nearly ready to cry.  Poking my foot out from 
under the covers, I slid out of my warm bed and tiptoed quietly into 
the next room where my mother and daddy slept. 

And then, as I had done so many times before, I crawled over the foot 
board at the bottom of the bed and made my way over the top of the 
covers between my mom and dad, looking for a secure place to lay my 
head between their two pillows. 

Dad rolled over and said, “Hey, little girl, what's going on?” 

“I'm afraid in my room.  I'm getting married tomorrow.” 

Then without another word, the three of us snuggled close together 
and went back to sleep.  Just my mom and my dad . . . and me. 

Morning came, the sun shining.  A new day in my life was beginning.

<おじさんの一言>
誰でもそうだが、筆者も小さい頃怖いものがいろいろあった。蛇や虫や大きな
男の子、それに、嵐のような雷雨の夜。激しい雨が窓を打ち、激しく揺れる
木々の枝が家の外壁をたたき、その影が筆者の部屋の壁に怪しげに映るのだっ
た。そういう時には怖くて泣き出しそうになり、ベッドから抜け出して、お母
さんとお父さんの寝ている部屋へそうっと入って行き、いつものように、二人
の寝ている間にもぐりこむ。すると、お父さんは「どうしたんだい」と優しく
声をかけてくれ、「怖いの。嵐だから」と筆者が言うと、三人は無言のまま体
を寄せ合って再び眠りにつくのだった。お母さんとお父さんと筆者の三人で。
そして、夜が明け、日が昇ると、翌朝にはまたいつもと同じ新しい一日が始ま
るのだった。

大きくなってもまだ怖いものがあった。学校のこと、仕事のこと、男性のこと、
それに結婚のこと。結婚の日が一日一日と近づくにつれて、披露宴や新婚旅行
の準備をしたり、礼状を書いたり、自分の部屋のクロゼットの掃除をしたり、
必要なもののリストを作ったり、などなど、とても忙しい毎日だった。そして、
ついに結婚式の前夜となり、何週間にもおよんだ準備で疲れきり、ひとりベッ
ドに入った。結婚式を翌日にひかえ、自分の部屋で寝る最後の夜に一人で寝て
いると、何かとても怖くて泣き出しそうになり、ベッドから抜け出して、お母
さんとお父さんの寝ている部屋へそうっと入って行くのだった。そして、いつ
ものように、二人の寝ている間にもぐりこむ。すると、お父さんは「どうした
んだい」と優しく声をかけてくれ、筆者が「何か怖いの。明日結婚して家を出
て行くから」と言うと、三人は無言のまま体を寄せ合って再び眠りにつくのだ
った。お母さんとお父さんと筆者の三人で。そして、夜が明け、日が昇ると、
翌朝にはまたいつもと同じ新しい一日が始まるのだった。

子供はいくつになっても親にとっては子供なのだ。いつまでも子供なのだ。筆
者の場合、結婚をひかえて不安な気持ちになり、小さい頃のように両親ととも
に最後の夜を過ごした。結婚を前にした女性の気持ちの機微はおじさんには分
からないかもしれないが、長年過ごした我が家で両親と過ごす最後の夜ともな
ると、数え切れない思い出とともに、自分自身ももう少し両親のもとで子供で
いたいと思うのだろう。親にしてみても、このままもう少し子供でいてほしい
と思うのだろう。それが娘であればなおさらである。この親の気持ちはおじさ
んにも痛いほどよく分かる。親のもとで今まで通りいつまでも自分の娘でいて
ほしいと思うのは親として当然であろう。親と子の間に、この話に見られるよ
うな愛情溢れた関係がどの家庭にもあれば、毎日のニュースになるような事柄
は決して起こらないだろうと、おじさんは思うのである。

----------------------------------------------------------------------
おじさんことMat発行の他のメルマガ「英語の諺・名言」「おじさんの戯言」
もよろしくお願いします。
ご購読はこちらから → http://www.geocities.jp/tnkmatm/kodoku.html
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5007/
======================================================================


戻る