なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 11 ===
     ☆☆                  << 心に響く話 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ --------------------------------------- 2010/11/02 ☆ --

最近はいやなニュースばかり耳に飛び込んできて、いやな世の中だという思い
にかられてしまいますが、そのような思いを拭い去るような、心に響くステキ
な話を集めてみました。これらの話の中に世の中の明るさを見出し、人の心の
温かさに触れてみてください。そして、何かを考えるきっかけにしていただけ
れば大変うれしく思います。

******************
**  心に響く話  ** (from Chicken Soup Newsletter)
******************
(ホームページ上ではオンライン辞書を引けるようにもなっています)

To See You 
By Cynthia M. Hamond 

Many say their most painful moments are saying good-bye to those they 
love. After watching Cheryl, my daughter-in-law, through the six long 
months her mother suffered towards death, I think the most painful 
moments can be in the waiting to say good-bye. 

Cheryl made the two-hour trip over and over to be with her mother. 
They spent the long afternoons praying, soothing, comforting, and 
retelling their shared memories. 

As her mother's pain intensified and more medication was needed to 
ease her into sedation, Cheryl sat for hours of silent vigil by her 
mother's bed. 

Each time she kissed her mother before leaving, her mother would tear 
up and say, "I'm sorry you drove so far and sat for so long and I 
didn't even wake up to talk with you." 

Cheryl would tell her not to worry, it didn't matter, still her 
mother felt she had let her down and apologized at each good-bye 
until the day Cheryl found a way to give her mother the same 
reassurance her mother had given to her so many times. 

"Mom, do you remember when I made the high school basketball team?" 
Cheryl's mother nodded. "You'd drive so far and sit for so long and I 
never even left the bench to play. You waited for me after every game 
and each time I felt bad and apologized to you for wasting your time."
Cheryl gently took her mother's hand. 

"Do you remember what you would say to me?" 

"I would say I didn't come to see you play, I came to see you." 

"And you meant those words, didn't you." 

"Yes, I really did." 

"Well, now I say the same words to you. I didn't come to see you talk,
I came to see you." 

Her mother understood and smiled as she floated back into sleep. 

Their afternoons together passed quietly into days, weeks, and months.
Their love filled the spaces between their words. To the last day 
they ministered to each other in the stillness, love given and 
received just by seeing each other. 

A love so strong that, even in this deepened silence that followed 
their last good-bye, Cheryl can still hear her mother's love. 

<おじさんの一言>
最もつらいのは愛する人に別れを告げるときだと人は言うが、母親が苦しんで
死んでいく姿を6ヶ月も見守っていた、筆者の義理の娘シェリルを見ていて、
それは別れを告げるのを待っているときであろうと筆者は思うのだ。 

シェリルは病気の母親のそばにいてあげようと2時間もかけて足しげく母親の
もとに通っていた。そして、午後の時間を一緒にお祈りをしたり、昔の思い出
話をしたりして過ごした。母親の痛みが増し、痛みを和らげるために更なる投
薬が必要になると、ベッドのそばで何時間もただ黙って見守るようになった。

帰るときに別れのキスをするたびに、母親は涙声で、「せっかく遠いところか
らわざわざ来てくれて、長い間そばにいてくれているのに、起き上がって話も
できなくて、ごめんなさいね」と言うのだった。シェリルは「そんなこといい
よ」と言うのだが、毎日変わらず申し訳なさそうに謝るのだった。 

「お母さん、覚えてる?私がバスケットボールの試合に出るというので、車で
遠くまで来てくれたのに、私はベンチに座ったままで出番がなかった。それで
もお母さんはいつも試合が終わるまでずっと座って見ていてくれたでしょ。そ
れで、わざわざ来てくれたのにごめんなさいね、って言うと、何て言ってくれ
たか覚えてる?」と優しくお母さんの手を取って言った。「覚えてるわ。あな
たのプレイを見に来たんじゃなくて、あなたを見に来たのよ、と言ったわ」
「そうよ、だから、今度は私が同じ言葉を返すわ。お母さんとおしゃべりする
ために来たんじゃなくて、お母さんの顔を見に来たのよ」とシェリルが言うと、
母親は安心したように眠るのだった。 

そういった日が何日も、何週間も、何ヶ月も続いた。最後の日が来るまで、二
人は静かにお互いの顔を見ながら愛を確かめ合った。二人の愛はとても強く、
最後の別れを告げた後の深い静寂の中でもなお、シェリルは母親の深い愛を感
じることができるのだった。 

このような親と子の関係は当然と言えるだろうが、この当然のはずの関係が近
頃は一部において壊れかけているように思う。一人暮らしの老人が誰にも知ら
れないまま亡くなっていた、というニュースが流れることがある。家族のもの
は知らなかったと言うが、知らなかったとはどういうことだろうか。事情あっ
て、たとえ別に暮らしていたとしても、知らなかったはないだろう。離れて暮
らしている家族のことを常に気にかけていれば、そんなことにはならないと思
う。家族を思う気持ちが欠けているのだと思う。おじさんも現在親と別に暮ら
しているが、別に暮らしていても常に親を思う気持ちは忘れないようにしたい
と思う。 

----------------------------------------------------------------------
おじさんことMat発行の他のメルマガ「英語の諺・名言」「おじさんの戯言」
もよろしくお願いします。
ご購読はこちらから → http://www.geocities.jp/tnkmatm/kodoku.html
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
======================================================================


戻る