なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 12 ===
     ☆☆                  << 心に響く話 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ --------------------------------------- 2010/12/07 ☆ --

最近はいやなニュースばかり耳に飛び込んできて、いやな世の中だという思い
にかられてしまいますが、そのような思いを拭い去るような、心に響くステキ
な話を集めてみました。これらの話の中に世の中の明るさを見出し、人の心の
温かさに触れてみてください。そして、何かを考えるきっかけにしていただけ
れば大変うれしく思います。

******************
**  心に響く話  ** (from Chicken Soup Newsletter)
******************
(ホームページ上ではオンライン辞書を引けるようにもなっています)

My Father's Day Card 
By Tom Krause 

For a couple of reasons, Father's Day has been a bummer for me for 
quite some time now. Having lost my father in an automobile accident 
fifteen years ago, I would just as soon forget Father's Day and move 
on with summer. Loving my dad the way I did, I always looked forward 
to being a father myself. Playing catch, shooting baskets and kissing 
children good night after tucking them into bed were the special acts 
of love I wanted to give to my children. After ten years of marriage, 
however, I realized that those special acts of love would have to 
remain memories of my father's treatment of me. Due to a medical 
condition, my wife Kathy and I could not have children. As a 
schoolteacher, I rationalized that even though I never had children 
of my own, I still was around them enough to satisfy my parental 
longings. But something was always missing. 

In twenty years of teaching and coaching, I've had the opportunity to 
teach thousands of students. It is very rewarding for me to watch my 
students as they change from children to teenagers to young adults. I 
love when they come back to visit and tell me of their dreams. I 
still envy parents who visit me during open-house nights at school. I 
wondered what that would be like to check on a son's or daughter's 
grades. Still I have my students, and I just convince myself that is 
enough. But something is still missing. A friend of mine helped me 
find a part of it. 

I had just suffered through another Father's Day, and for some reason 
this one was one of the worst. Kathy and I had spent the day playing 
a round of golf, and we were teamed up with a father and his daughter.
At one point in the round I heard the daughter say, "Good shot, Dad!" 
I was saddened when I realized that I would never hear those words 
from a child of my own. Upon arriving home, I went to the mailbox 
where I discovered an envelope addressed to me from a young lady 
named Melanie. Melanie was a former Miss Missouri who had come to 
speak to my students at school. We had quickly become friends and 
began speaking together at school assemblies on the topic of "
Believing in Yourself." As I opened the envelope, I discovered a 
Father's Day card with my name on it. On the inside was a note 
thanking me for being there for so many of my students and a simple 
inscription - "I Love You, Dad!" As I read those words, my heart 
melted. I just wanted to dwell in the feeling of warmth and love this 
simple message had produced. For a brief moment, I had experienced 
the joy of fatherhood. 

To this day, I cherish that act of kindness by my friend. It helped 
fill a missing part of my life that is special to me. Thank you, 
Melanie. You're a true friend. It's the only Father's Day card I've 
ever received. 

<おじさんの一言>
15年前に父親を交通事故で亡くし、それ以来筆者は父の日を避けてきた。し
かし、お父さんのことは大好きだったので、いつも自分自身が父親になること
を夢見ていた。自分の子供とキャッチボールをしたり、バスケットボールをし
たり、おやすみのキスをしたりなど、父親がしてくれたことを自分も父親にな
って自分の子供にしてやりたかった。残念ながら筆者には子供ができなかった
が、学校の教員として、自分自身の子供ではないが、毎日子供たちに囲まれて、
親になりたいという気持ちは十分満たされていると自分に言い聞かせていた。
しかし、いつも何か足りないという思いだった。

20年間で何千人もの子供たちを教え、その子供たちが成長していく姿を見て
いると教員をやっていてよかったと思う。卒業してから子供たちが訪ねて来て
夢を語ってくれると、何とも言えず幸せな気分になる。子供のいない筆者には
そういう子供たちの親が今でもとても羨ましく思えるのである。子供がいない
が生徒たちがいると自分に言い聞かせるのだが、それでも何かが足りないとい
う思いなのだ。

また父の日がやってきた。それまでで最悪の父の日だった。筆者は奥さんとゴ
ルフをしたのだが、運悪く父と娘の親子の組と一緒に回ることになった。ラウ
ンドの途中で娘が父親に「ナイスショット、お父さん」と言うのを耳にして、
ああいう言葉は自分自身の子供から聞くことはないと思い、悲しくなるのだっ
た。

沈んだ気分で家に帰ると、メラニーという若い女性から郵便が届いていた。メ
ラニーという女性は前のミス・ミズーリで、以前に講演のため学校に来てくれ
た際親しくなった人である。封筒を開けると、中には父の日のカードが入って
いた。そしてカードの内側には、生徒たちのためにいてくれたことに対する感
謝の言葉と「大好きだよ、お父さん」という簡単な言葉だが、筆者にとって大
きな言葉が書かれていた。筆者はそれを読んで、心がとろけそうになった。こ
の短い言葉が生み出した、愛に満ちた温かい気持ちにただ浸っていたかった。
短い時間だったけれども、父親としての喜びを経験したように思った。筆者に
とってそれは人生で唯一の父の日のカードであり、人生の足りない部分を埋め
てくれた、この友人の親切な行為に心から感謝したい。

考えれば、おじさんも筆者のように、長い間子宝に恵まれなかった。おじさん
の場合、幸いなことに、年をとってやっと子供を持つことができたが、筆者の
気持ちは痛いほどよく分かる。何かが足りない感じなのだ。自分の人生に何か
が欠けている感じなのだ。自分が子供の頃に父親としたように、今度は自分が
父親として、自分の子供とキャッチボールをしたい、一緒に山野を駆け回りた
い、そういう気持ちなのだ。いつまでもそういう気持ちでいたい。誰もがそう
いう気持ちでいれば、子宝という宝物をぞんざいに扱うようなことはないだろ
う。近頃よく耳にするような悲しい事件など起こりようがないだろう。宝物は
大事にしたいものだ。

----------------------------------------------------------------------
おじさんことMat発行の他のメルマガ「英語の諺・名言」「おじさんの戯言」
もよろしくお願いします。
ご購読はこちらから → http://www.geocities.jp/tnkmatm/kodoku.html
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
こちらも見てね → http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/ad/adframe.html
======================================================================


戻る