なにかが見えてくる
Mat's メルマガ


===== ☆ ============================================== ☆ No. 13 ===
     ☆☆                  << 心に響く話 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
- ☆☆☆☆☆ --------------------------------------- 2011/01/11 ☆ --

最近はいやなニュースばかり耳に飛び込んできて、いやな世の中だという思い
にかられてしまいますが、そのような思いを拭い去るような、心に響くステキ
な話を集めてみました。これらの話の中に世の中の明るさを見出し、人の心の
温かさに触れてみてください。そして、何かを考えるきっかけにしていただけ
れば大変うれしく思います。

----------                                       ----------
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
----------                                       ----------

******************
**  心に響く話  ** (from Chicken Soup Newsletter)
******************
(ホームページ上ではオンライン辞書を引けるようにもなっています)

Father's Secret 
By Betty Stanley 

I am frequently the brunt of family jokes because I have no sense of 
direction.  Once, when we were discussing death and the hereafter, my 
son jokingly remarked, "Well, I certainly hope there are heavenly 
guides, Mother, otherwise, you will never find the way."

I smiled and assured him that I wasn't worried.  "I'll just watch for 
the hill with the privet hedge," I said.  When his eyebrows came 
together in a questioning frown, I hastened to tell him a story about 
my father.

Pop was raised in a fatherless home at a time when government 
assistance was unheard of.  The family of five struggled mightily to 
survive.  That Spartan upbringing caused my father to be extremely 
tightfisted.

When we children - two older brothers and myself - became aware that 
other children got spending money from their parents, we made the 
mistake of asking Pop for some.  His face turned stone cold.  "If 
you're old enough to ask, you're old enough to earn," he rumbled.  
And so, when the need arose, we scurried about the neighborhood 
seeking odd jobs or peddling produce from the garden.

His attitude didn't soften as we grew into adulthood and drifted away 
to jobs or college.  There was a period of time when none of us had a 
car, so we had to ride the bus whenever we came home.  Though the bus 
stopped about two miles from home, Pop never met us, even in 
inclement weather.  If someone grumbled (and my brothers grumbled a 
lot), he'd say in his loudest father-voice, "That's what your legs 
are for!"

So when I went away to college, I knew I was in for a long walk 
whenever I came home.  The walk didn't bother me as much as the fear 
of walking alone along the highway and country roads.  I also felt 
less than valued that my father didn't seem concerned about my safety.
That feeling was canceled one spring evening.

It had been a particularly difficult week at college.  Tests and long 
hours in labs had left me exhausted.  I longed for home and a soft 
bed.  As other students were met at their stops, I gazed wistfully 
out the window.  Finally, the bus shuddered to a stop at my 
destination point, and I stepped off, lugging my suitcase to begin 
the long trek home.

A row of privet hedge edged the driveway that climbed the hill to our 
house.  Once I had turned off the highway to start the last lap of my 
journey, I was always relieved to see the hedge because it meant that 
I was almost home.

On that particular evening, the hedge had just come into view when a 
gentle rain began to fall.  I stopped to put a book in my suitcase 
and when I stood up, I saw something gray skimming along the top of 
the hedge, moving toward the house.  Upon closer observation, I 
realized it was the top of my father's head.  Then I knew - each time 
I'd come home, he had stood behind the hedge, watching, until he knew 
I had arrived safely.  I swallowed hard against the threatening tears.
He did care, after all.

On subsequent visits, that spot of gray became my beacon.  I could 
hardly wait until I was close enough to watch for its covert movement 
above the greenery.  Upon reaching home, I would find my father 
sitting innocently in his chair.  "So!  It's you!" he'd say, his face 
lengthening into mock surprise.

"So you see," I told my son, "I'm not worried about finding my way to 
heaven when I die."  There may be light at the end of a tunnel, as 
many who have cheated death have reported, but beyond that, I think 
I'll see a row of privet hedge climbing a hill, and my father will be 
waiting at the top.  "So!  It's you!" he'll say.

And I'll reply as I did then, "Yes, Pop, it's me.  I'm home."

<おじさんの一言>
筆者の方向感覚が家族の冗談の種になることがよくある。死と死後の世界につ
いて話をしていたときに、「天国まで連れて行ってくれる人がいればいいのに
ね。そうでないとお母さんは道に迷ってしまうよ」と息子が冗談で言ったこと
がある。そのとき筆者はにっこりして、「イボタノキの生け垣のある丘を探す
から心配ないわよ」と言い、そして父親の話を始めたのだった。

筆者の父親は政府の援助などなかった頃に、子供4人母1人の母子家庭で育っ
た。そういった厳しい生活状況で、自然とお金には厳しくなった。友達が親か
らお小遣いをもらっているので、お小遣いが欲しいと言ったとき、父親の表情
が変わり、「金を欲しがるほどの年令なら、金を稼げる年令になっているはず
だ」と冷たく言うのだった。だからお金が必要になると、近所で小遣い稼ぎが
できるようなことを探した。父親の態度は、筆者たちが社会に出たり、大学に
行くようになっても軟化しなかった。家に車がなく、帰るのにバスを利用しな
ければならない時期があったが、バス停が家から2マイルも離れたところにあ
るのに、荒れた天気であっても父親は迎えに来てくれることはなかった。その
ことに不平を言うと、「足は何のためにあると思ってるんだ!」と厳格な口調
で言うのだった。だから大学から家に帰るときにはいつも長い距離を歩くこと
を余儀なくされた。歩くこと自体は苦にならなかったが、人など滅多に歩いて
いないハイウェイや田舎の道を一人で歩くのは少し怖かった。それに、父親が
娘の安全を考えていないように、自分が大事にされていないように思えた。し
かし、その思いはある春の夜に払拭された。

忙しい大学生活で疲れ果て、家路へと向かうバスの中で、他の学生たちがそれ
ぞれの停留所で家の人に迎えられる光景を切ない思いで眺めていた。そして、
筆者自身は、迎えてくれる人もなく、家までの長い道のりを一人で歩き出すの
だった。長い道のりの最後に家まで登っていく道に沿ってイボタノキの生け垣
があり、ハイウェイから逸れると、その生け垣の見える道に入る。すると、も
うすぐだということでいつもほっとするのだった。忘れもしないあの夜のこと、
生け垣が見えてきた頃に雨が降り出した。立ち止まって本をスーツケースに入
れ、立ち上がったそのとき、何か白いものが生け垣の上をかすめるように家の
方に動いているのが見えた。よく見てみると、それは父親の白髪まじりの頭だ
った。その時初めて、筆者は、父親が毎回娘が無事家に帰るのを確かめるまで、
生け垣の後ろに立って、じっと見守っていたんだと知った。流れ落ちそうな涙
を堪えるのに必死だった。父は娘のことを気にしてくれていたんだ。その後、
家に帰るたびに、あの白髪まじりの頭が家まで導いてくれるようになった。そ
して家に着くと、父親は何もなかったようにいつもの椅子に座っており、「あ
あ、おまえか」と平然と驚いたふりをして言うのだった。

筆者はこの話をした後、「分かったでしょ。だから私は死んでも天国へ行く道
のことは心配していないんだよ」と息子に言うのだった。死にかけた人が言う
ように、死んだら天国へと導いてくれる明かりがあるのかもしれない。しかし、
それ以上に筆者には丘の上まで続いているイボタノキの生け垣があり、丘の上
では父親が待っていてくれている。「ああ、おまえか」と言う父に、「そうよ、
お父さん、わたしよ。ただいま」と筆者は答えるのだ。

父親の子供を思う気持ち、娘を思う気持ちがほのぼのと伝わってくる話だ。父
親は子供の自立を促すべく、一見突き放したような態度をとるが、実は常に子
供のことを思い、子供のことが心配でならない。その気持ちを素直に表に出せ
ず、突き放した冷たい態度をとる。父親とはそういうもので、子供のことを心
から思う気持ちを、下手なのか、不器用なのか、照れくさいのかどうなのか、
素直に表に出せない人が多いようだ。子供のために厳格な父親であろうとして、
気持ちとは裏腹に、無理して冷たい態度を装う傾向がある。筆者のように父親
の本当の気持ちに気づいてくれればいいが、気づいてもらえずに娘からそっぽ
を向かれる父親も多いことだろう。たとえ気づいてもらえず嫌われても、父親
の子供を思う気持ちはいつまでも変わらず純粋である。親の子供を思う気持ち
ほど純粋なものはない。

----------------------------------------------------------------------
おじさんことMat発行の他のメルマガ「英語の諺・名言」「おじさんの戯言」
もよろしくお願いします。
ご購読はこちらから → http://www.geocities.jp/tnkmatm/kodoku.html
----------------------------------------------------------------------
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://www.geocities.jp/tnkmatm/
                http://www.ab.auone-net.jp/~tnkmatmt/
======================================================================


戻る